大菩薩嶺 【百名山】大菩薩峠登山口から大菩薩嶺をぐるっと一周してきました。登山口から大菩薩嶺へ

こんいちは、山歩(さんぽ)です。

今回は、甲府盆地の北東に位置し、山梨・東京・埼玉とつながる秩父多摩甲斐国立公園の一部でもある大菩薩嶺に登ってきました。

標高は2057mと2000m級の山ですが、大菩薩嶺を登るコースは初心者向けから中級者まで幅広く登ることができようです。

雷岩から大菩薩峠の間は見晴らしの良い尾根歩きを期待していたのですが、残念ながら真っ白で期待していたほどの景色を見ることができませんでした。

しかし、フカフカの雪の登山道を楽しむことができて満足でした。

塩山駅

大菩薩峠登山口バス停から駐車場へ


大菩薩峠登山口バス停 始発のバスで雪の中ただ1人のスタートです。


車道の登りから始まります。


大菩薩嶺案内図


最後のトイレになります。今回のやまあるきでは大菩薩峠までトイレはありませんでした。


裂石登山口駐車場 登山口近くの駐車場が一杯ならこちらに停めることになりますね。


通行止めのゲートが見えてきました


丸川峠分岐駐車場に到着です。ほんじつ4台停まってました。

丸川峠駐車場から丸川峠へ


丸川峠駐車場から丸川峠を目指します


丸川峠の案内があり歩きやすい道になります


歩きやすい道はここまでのようですね


一気に道が荒れて歩きにくくなりました


小川を渡る事になります・・・ ここで滑って片足を川に突っ込んでしまいました。 幸い靴下が濡れた程度で済んだので、予備の靴下に履き替えてリスタートです。


ここから尾根伝いに登っていきます


案内板があってわかりやすいですよ


新しい道は歩きにくいですね。


新しい道を登るとこちらにも通行止めのロープが張ってました


コースに戻るとまた歩きやすくなりましたね


見晴らしが良いところにでてきましたね


小屋が見えてきました


ここが分かれ道


小屋は開いているようでしたが・・・


バスの時刻表がありました。


小屋の裏側にも休憩できるベンチがありました。


こちらがトイレ

丸川峠から大菩薩嶺へ


ポカリが凍ってきましたよ


人を発見 先行者さんですね


大菩薩嶺の山頂に到着です 残念ながら山頂からは木しか見えません


三角点にタッチ

最後までご覧頂きありがとうございました。
明日もいい日でありますように。

次回
大菩薩嶺 【百名山】大菩薩峠登山口から大菩薩嶺をぐるっと一周してきました。大菩薩嶺から大菩薩峠を回って登山口へ

こんいちは、山歩(さんぽ)です。 今回は、甲府盆地の北東に位置し、山梨・東京・埼玉とつながる秩父多摩甲斐国立公園の一部でもある大菩薩嶺に登ってきました。 標高は2057mと2000m級の山ですが、大菩 ...

続きを見る

【コース紹介】

大菩薩峠登山口バス停(37分)>>駐車場(157分)>>丸川峠(102分)>>大菩薩嶺(7分)>>雷岩(16分)>>賽の河原(15分)>>大菩薩峠(44分)>>福ちゃん荘(22分)>>上日川峠(73分)>>千石平(14分)>>駐車場(25分)>>大菩薩峠登山口バス停

8時間32分  14.7km
参考:ヤマプラ

大菩薩嶺の地図

 

© 2020 山歩きnavi