テント泊のランタンに変わってクラッシャブル ランタンシェードがおすすめ!

2019年10月20日

mont-bell モンベル クラッシャブル ランタンシェード

こんにちは、山歩(さんぽ)です。

今日は、テント泊の時にあると便利なランタンについて、書き留めておきたいと思います。

テント泊には必要なランタン。でも、ただでさえ荷物が多いときに少しでも荷物を軽くしたいと思いませんか?

そこで今回は、私が使っている便利なアイテムをご紹介します。

私はテント泊のときは必ずヘッドランプを予備と合わせて2つ持っていきます。

モンベルのクラッシャブル ランタンシェードを使えばヘッドランプを1つランタン代わりに使えて便利です。

ランタンは必要なのか?

ヘッドランプは正面を照らすには非常にありがたい物ですが、テントなどで探し物をしたり、ご飯を食べる時はスポットの明かりが見にくいんですよね。

テントの天井に吊るしても、真下しか照らさないので明るくなったように感じません。


ランタンは周りを照らすために作られているので、テント内全体が明るくなります。

テント泊 金剛山キャンプ場
やっぱりランタンがあると便利なんですよね。

なぜクラッシャブルランタンシェードがオススメなのか?


超軽量コンパクト、半透明で柔らかなシェード 本体は 8gでとっても軽いです。


シェードの中はアルミのリフレクターがついています。

クラッシャブル ランタンシェード
使用しないときは平たくたためばかさばらず、持ち運びも便利です。

モンベルのランタンシェードの使い方


ランタンシェードにドロワーコードがついています。


手持ちのヘッドランプにランタンシェードをかぶせたら、ドローコードを絞って2つを固定する仕組みです。

ランタンシェードをつけるのに使っているヘッドランプはライト部分が飛び出ているので取り付けやすくなっています。


できるだけシェードのシワやヨレなどを伸ばしたほうが、綺麗な拡散光を得られます。

モンベルのランタンシェードの明るさ


部屋の中で使ってみました、明るさがわかりにくいですが、ランタンのように周りを照らすことができています。

明るさは被せるヘッドランプの明るさによって変わります。暗めのヘッドランプを使っていると、あまり明るくならないかもしれませんね。

私はテント内ではゆっくりお酒を飲んだり、スマホを見たりくらいなんで十分に明るいと思っています。

mont-bell モンベル クラッシャブル ランタンシェード
テント内で使うとこんな感じで明るくなります。

一つ注意 シェード上部にアルミニウムを蒸着した円錐形のリフレクターがついているので、シェード上部は明るくなりません。

上から吊るして使うと、真下に影ができるのでテント内で吊るすときは場所を調整してくださいね。

モンベルのランタンシェード 選べる2種類

モンベルからはサイズが2種類販売されているます。私が購入したのはランタンシェードLになります。

クラッシャブル ランタンシェード L

クラッシャブル ランタンシェード

モンベルが発売する、クラッシャブル ランタンシェードを使えば、ヘッドランプがランタンに早変わり。

合わせて使いたいヘッドランプ

今使っているヘッドライトは「GENTOS(ジェントス) LEDライト ZX-200」ですが製造中止になったようです。

今は「GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライト GTR-831D」が同じようなモデルになります。

created by Rinker
GENTOS(ジェントス)
¥1,120 (2019/11/19 10:26:33時点 Amazon調べ-詳細)

明るいタイプのヘッドライト

created by Rinker
BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)
¥5,216 (2019/11/20 07:17:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

Copyright© 山歩きnavi , 2019 All Rights Reserved.