マキノ高原より寒風経由で花の百名山赤坂山へ登ってきました。

赤坂山山頂

こんにちは、山歩(@sanpo_yamaaruki)です。

今日は、5月20日に滋賀県高島市と福井県三方郡美浜町の境にある赤坂山(823.8m)に登ってきました。
マキノ高原から寒風→赤坂山を周回するコースです。

赤坂山 地図

参照:ヤマレコ

参考コースタイム

マキノ高原温泉さらさ(45分)>>西山林道出合(75分)>>寒風(70分)>>粟柄越(15分)>>赤坂山(10分)>>粟柄越(40分)>>武奈の木平(40分)>>マキノスキー場(5分)>>マキノ高原温泉さらさ
5時間 / 9.5km

マキノ高原から西山林道出合へ


マキノ高原トレッキングセンターにて登山者カードを提出して、山歩きスタートです。


登山口までは、スキー場の横を抜けて歩きます。


川が流れ、その横にキャンプサイトがあり、いくつものテントが張ってありました。


登山口に到着。ここから寒風へ向けて登っていきます。


緑の芝生を歩いて登ります。この坂がなかなかしんどいですね。


芝生の斜面を登り上からの景色です。この先は木々の中を歩くため、眺望はほとんどありません。


新緑の林の中を黙々と登っていきます。


西山林道出合

西山林道出合から寒風へ


所々見える景色。寒風に出るまでは残念ながらあまり眺望はよくありません。


唯一の見晴らしが良い休憩場所だったと思います。


締め付けられて苦しそうな木。

 


木々の中をただただ登りが続きます。


綺麗なイワカガミがたくさん咲いていました。

 


寒風手前の見晴らしの良い所より。


ここでも綺麗な花が迎えてくれます。これはタニウツギでしょうか。


寒風に到着です。今日は出発が遅かったのでここで昼食にします。

メスティンでご飯を炊く
今日はご飯を炊きます。メスティン TR-210にお米を2合と炊き込みご飯の素を入れて。

メスティンで炊いた、炊き込みご飯
簡単にご飯が炊けました。

寒風から赤坂山に向けて


下に落ちた道標を確認して赤坂山へ向かいます。


しばらく木々の中を歩きます。


すぐに見晴らしの良い尾根に出ます。


尾根から見る高島市の風景も。スタートしたマキノ高原も見えます。


尾根を進んだり。


林を抜けたり。


正面に見える尾根道もコースとなります。


今まで歩いて来たコースを振り返ります。


ここにも綺麗に咲いた花がたくさん。これはサラサドウダンでしょうか。


尾根を歩いてくると粟柄越(あわがらごえ)に到着です、赤坂山とマキノ高原に戻る道の分岐になります。


赤坂山を目指します。


赤坂山の山頂に到着です。

赤坂山山頂にて


三角点にタッチ!


赤坂山の山頂より明王ノ禿を。


高島市と琵琶湖が目の前に広がります。

赤坂山から武奈の木平へ


赤坂山からの下り道にたくさん咲いています。

 

粟柄越(あわがらごえ)に戻ってきました。


綺麗な花を見ながら下ります。


ここにも違う花が。


いろいろと咲いています。

 


武奈の木平の東屋で少し休憩をとります。

武奈の木平からマキノ高原へ


東屋からマキノ高原スキー場まであと1.7km


マキノ高原スキー場まであと少し、目の前の斜面は、朝方に寒風へ向けて登った斜面になります。


東屋からは、木の階段や花崗岩の風化した急斜面が多い。


マキノ高原スキー場へ下ってきました。あとは草原をゆっくりと歩いて下ります。


朝方見たキャンプ場ですが、夕方近くになりますので、皆さん片付けが済んでいるようです。

 


今日も無事戻ってくることができました。

花の百名山に選ばれるだけあって、たくさんの花を見ることができました。
また、以前から高島トレイルを歩いてみたいと思っていたのですが、分割しながらでも歩いてみようと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。
明日もいい日でありますように。

赤坂山への地図を忘れなく

山と高原地図 比良山系 武奈ヶ岳・赤坂山 (山と高原地図 46)

低い山ですが、ルートもたくさんあるため地図を準備してください。
スマホアプリがおすすめです。 (スマホアプリ)

© 2020 山歩きnavi