テント泊に使いたいオススメのLEDランタンは?

更新日:

BRISIE LED ランタン

テント泊の時には、ヘッドライトにモンベルから出ている「クラッシャブル ランタンシェード L」をつけて使っているのですが、もう少し明るく照らしたいな~と考えていました。

今回は、山の夜を快適に過ごすためにランタンを新調しました。

なぜランタンがあるといいのか?

テント場は照明がなく、日が暮れるとほとんど何も見えなってしまいます。そこで活躍するのがランタン!夜のテント泊を快適にしてくれます。

明かりを灯すという目的ではヘッドライトでも十分ですが、ヘッドライトとランタンでは使い勝手は大きく変わってきます。

ヘッドランプを天井に吊り下げておけばいいんですが、明るさが一か所に集まるため、地図を見たり、本を読んだりと何をするにも不便です。

夜のテント場で調理をしたり、本を読んだり、翌日の山行を計画したりと、快適なテント泊をするならばやはりランタンがおすすめです。

私がこのランタンを選んだ理由

登山用ランタンとしては軽量・コンパクト、防水タイプの物がいいのです。

・軽量・コンパクトならLEDランタン

LEDランタンは軽くて持ち運びしやすく、灯りが長持ちする。

・防水性

急な雨が降っても安心して使用できます。

・電池式、 充電式、ソーラータイプ

LDEランタンは電池式が一般的ですが、私はモバイルバッテリーを持って山歩きに行くので、で充電タイプのモデルを探しました。内臓バッテリーに充電して使います。USB充電モデルは内臓バッテリーからの出力によりスマホなどを充電できるモデルも発売されています。

 

そのほかにもオススメは?

今回紹介した軽量でコンパクトなランタンはいかがでしたでしょうか。 持ち運びに便利で,そして十分な明るさも確保出来る商品がたくさんありました。アウトドアにも使えますし、災害時などにもランタンは活躍します。いざとゆう時のためにも購入しておいてはいかがでしょうか。

BRISIE LEDランタンを使ったテント泊記事

ダイヤモンドトレール(ダイトレ) 12月に一泊二日のテント泊で歩いてきました。1日目

上高地から西穂高と焼岳を歩く 8月の一泊二日のテント泊(1日目)

奥穂高岳と北穂高岳 8月の涸沢カールにテント泊して歩いてきました。(1日目)

槍ヶ岳 8月の上高地から一泊二日のテント泊で歩いてきました。上高地から殺生ヒュッテへ(1日目)

憧れの涸沢カールで一泊二日テント泊(1日目)

Copyright© 山歩きnavi , 2019 All Rights Reserved.