メスティンでホタテの炊き込みご飯

ホタテの炊き込みご飯

こんにちは、山歩(@sanpo_yamaaruki)です。

今日は、山ごはんを書きとめておきたいと思います。

ホタテの缶詰を使って炊くだけの、とっても簡単な炊き込みご飯です。缶詰の汁で十分なダシが出るので、味付けもシンプルに醤油だけにします。

缶詰で簡単に!ホタテの炊き込みご飯

ホタテの炊き込みご飯の作り方


缶詰のつけ汁も入れることで、ホタテの風味たっぷりの炊き込みご飯ができあがります。

1.無洗米を水に30分以上つけておきます。

2.メスティンに白米・ほたての身・ほたて缶の汁・水・しょうゆを入れます。

3.最初は強火にかけ湯気がでたら弱火にし、約15分加熱します。

4.吹き出る水蒸が弱くなって、チリチリと音がしてきたタイミングで火からおろします。

5.メスティンをひっくり返してタオルに包んで保温しながら10分蒸らします。

6.蒸らした後にフタを開け、ごはんをよく混ぜれば出来上がりです。

今回使った材料

2合
ホタテの水煮 1缶
適量
しょうゆ 適量

ニッスイ 旬 帆立貝柱水煮 120g 缶詰 イージーオープン

【精米】富山県産 無洗米 コシヒカリ 5kg

キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ 100ml×6本

一緒に使った調理道具

ご飯を炊くために、バーナーとクッカーが必要になります。

私が使っているバーナーは、ソトの「レギュレーターストーブ ST-310」です。
簡単に手に入るカセットボンベが使えて、ゴトクが大きいので鍋を載せても安定感があります。

詳しくは「日帰り登山におすすめバーナー SOTOレギュレーターストーブST-310」の記事をご覧ください。

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 シルバー

私が使っているクッカーは、トランスギアの「メスティン」です。
アルミ製の角型で、底が広いのでいろいろな調理に使えます。

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

バーナーとクッカーは欠かせない道具になります。用途に合わせて自分に最適なバーナーとクッカーを見つけて、山と美味しいご飯を満喫してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。明日もいい日でありますように!

© 2020 山歩きnavi