道具

登山で準備したいオススメのヘルメットは

更新日:

モンベル L.W.アルパインヘルメット

今シーズンは3,000m超の山に上りたくて調べていると「山岳ヘルメット着用推奨山域」の指定があるようで、登山用ヘルメットを購入しました。

なぜ登山用ヘルメットが必要なのか

登山にヘルメットが必要な理由は「滑落や転倒した際に頭部を守ること」だけではなく「落石などの落下物から頭部を守ること」もあります。
自分が気をつければ防げることだけではなく、梯子や鎖場などの急峻なコースでは突然の落石に巻き込まれることもあります。自分の安全は自分で、安全確保のためヘルメットの備えは大切です。
また、最近では滑落や転落事故が多い山域を「山岳ヘルメット着用推奨山域」と指定してヘルメットの着用を呼びかけています。

ヘルメットを選ぶときのポイント

頭にフィットしているか
必ず合うものを選びましょう。後頭部とストラップの調整をしてフィット感を確認してください。
重量
ヘルメットは可能であれば軽量なモデルを選びましょう。行動中ずっと持ち運ぶものです、忘れないでください。
通気性
夏山メインですとこれも重要です。
フードとの相性
レインウエアのフードをヘルメットの上から被りフードがしっかり前まで被れて前のチャックが一番上まで閉まるものを選びましょう。
製法
ハードシェルタイプ:ABS樹脂などの合成樹脂を使った硬いタイプの登山用ヘルメットです。内側に部分的に衝撃吸収材を使っています。
インモールドタイプ:発泡剤に衝撃耐性の高いシェルをかぶせた構造です。ハードシェルと比べると厚さが増すため多少かさばりますが、軽くて通気性が良く蒸れにくいところが好評。

購入したオススメのヘルメットはこちら

お店の人に話を聞きながら、実際に被ってL.W.アルパインヘルメットにしました。

そのほかのオススメヘルメット

万一事故があった時にヘルメットを被っていたがどうかで結果が変わってくる場合があります。ヘルメットを着用して安全な山登りを心がけてください。

このアイテムを使用している記事

上高地から西穂高と焼岳を歩く 8月の一泊二日のテント泊(1日目)

奥穂高岳と北穂高岳 8月の涸沢カールにテント泊して歩いてきました。(1日目)

槍ヶ岳 8月の上高地から一泊二日のテント泊で歩いてきました。上高地から殺生ヒュッテへ(1日目)

Copyright© 山歩きnavi , 2019 All Rights Reserved.